無料ブログはココログ

« 【T371】L型アリガタ+ミヤウチ双眼鏡アダプタ | トップページ | 【T408】SXP赤道儀⇔SE三脚架台アダプタ »

2013年1月10日 (木)

☆ドーム内の支柱補強工事を開始しました

1/9 ◆再開した加工の合間をみて赤道儀に望遠鏡を搭載しました。以前のような全体的な揺れも全く無くなり大変安定した感じです。木星の高倍率観測でも問題はありませんでした。
今回は支柱の強化も含め結構大がかりな改装となってしまいましたが、ここまでやった甲斐はありました。これでまた大地震が来ても安心です。(笑)

Cimg2029_600x800

1/5 ◆正月3日間は駅伝を見てゆっくり休みましたが、その後内装工事を再開しました。
2階ドーム内のフロアシート並びに1階の床並びに壁のクロス張りもほぼ終了しました。
この後は望遠鏡自体の整備をまたコツコツとやって行きます。
何とか年明けに間に合いました。

Cimg2016_800x600

12/30 ◆年末の小雨が降る中、予約していたクレーンで赤道儀を再度設置しました。赤道儀の位置が決まったので床のフロアシート張りを明日以降行います。

Cimg2011_800x600

12/29 ◆1階部分の床、天井、支柱周りの壁張りを完了しました。これで大工さんの作業は全て終わりで、この後壁のクロス張り、床のフロアシート張りは自分で正月中に行う予定です。
 

Cimg2000_800x600

12/27 ◆2階の天文台内の床張りを完了しました。奥は隠し部屋(屋根裏倉庫)になります。

Cimg1994_800x600

12/25 ◆天文台の床にコンパネを貼り付けるためのベースを設置しました。
支柱上面は床より1cmほど高くなっています。

Cimg1984_800x600

12/25 ◆先週支柱の強化が完了したので今週から天文台と工房の内装工事に取り掛かりました。まずは2階の天文台に上がるための階段の取付けからです。支柱が太くなって従来の場所に設置出来なくなったため階段の設置場所を南側から北側に移動しました。

Cimg1982_600x800

12/22 ◆コンクリートがほぼ固まったところで型枠を外しました。
完全に固まるのはまだ数日掛かりそうですが、如何にも丈夫そうな支柱に生まれ変わりました。(太さは1.1m×0.9m、高さは3.3mあります)

年内の完成に向けて次週より再度1階(工房)と2階(天文台)の床張りと壁張り作業を行ない、年末には赤道儀の再設置をする予定です。

Cimg1981_600x800

◆建物が真北を向いていないため約11°傾けてアンカーボルトを取付けています。

Cimg1979_800x600_3

12/19 ◆コンクリートの流し込みが完了しました。後は数日固まるのを待つだけです。

Cimg1967_800x600

12/19 ◆コンクリート(生コン)はポンプ車を使ってドームのスリット部から流し込みました。

Cimg1961_800x600

12/17 ◆赤道儀ベースを固定するアンカーボルトも取付けました。
(建物が正確な北を向いていないためアンカーボルトは約11°傾けて取付けています)

Cimg1956_800x600_2


12/17◆型枠の周りを足場パイプで強固に固定しました。

Cimg1952_600x800_2

12/17 ◆鉄筋の周りにコンクリートを流し込む型枠を取付けました。

Cimg1950_600x800

12/16 ◆補強のため従来の支柱の周りに鉄筋を設置しました。

Cimg1940_600x800

12/16 ◆ドーム内の床を下げるため支柱上部のコンクリートの解体を行いましたが意外と
丈夫で中々壊れませんでした。
内部には地面ベースからの通しパイプが埋め込んでありました。
(揺れたけど地震に耐えた理由かも・・)

Cimg1935_800x600

***********************************************

12/14 ◆本日より望遠鏡支柱の補強、改装工事を開始しました。

今回はドーム内の床(2階部分)を剥がし、支柱を囲っていた壁も全て撤去しましたので、十数年ぶりに支柱全体が姿を現しました。

昨年3月の大震災で見た目の被害は無かったものの、支柱にひび割れなどが発生していないか心配でしたが、外観上は全くの無傷で被害が無かったようで安心しました。

但し今回入れ替えた大型赤道儀には少々強度不足で揺れが発生していたため、現在の支柱より太い支柱に生まれ変わる予定です。

来週早々から型枠を設置しドームのスリット部からコンクリートを流し込んで固まった後に再度1階、2階の床と壁張り工事を行う予定ですので年内には大雑把な所までは出来上がるのではと思っています。

特注製作品については現在受注を停止しており皆様にはご迷惑をお掛けしておりますが、今しばらお待ち戴けますよう宜しくお願い致します。

Cimg1926_4

◆現在の支柱の高さは地面から約3.5mあります。今回の改造、補強は上部の約30cmをカットして高さを下げる(2階床も)のと、周りに鉄筋を入れて支柱を断面積で約4倍以上に太くします。

Cimg1929_800x600

◆支柱上部(ドーム内床)から見ると階下に工房の工作機械類が見えます。

« 【T371】L型アリガタ+ミヤウチ双眼鏡アダプタ | トップページ | 【T408】SXP赤道儀⇔SE三脚架台アダプタ »

⑰天文台☆日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆ドーム内の支柱補強工事を開始しました:

« 【T371】L型アリガタ+ミヤウチ双眼鏡アダプタ | トップページ | 【T408】SXP赤道儀⇔SE三脚架台アダプタ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー