無料ブログはココログ

« 【特注品】各種鏡筒TOPプレート(補強プレート)製作品 | トップページ | 【T0273】大型100mm幅ワイドアリミゾ(100W)+アリガタ75°  »

2011年7月10日 (日)

◆主鏡が帰って来たぞ!

5月中旬に再メッキに出した主鏡(32cm池*鏡)が1.5ケ月振りにやっと帰って
来ました。

今回依頼した九州の業者さんから、福島⇒九州⇒東北⇒九州⇒福島の大移動
あったのと、3月の大震災の影響でメッキ工場の稼働に影響が出て、大幅に当初の
納期が遅れてしまったようです。

とは言っても丁度梅雨の最中でもあり、元々その間の観測は全く諦めていましたので
全く問題はありませんでしたが・・・。

************************************************************************

①梱包は完璧です。(元々主鏡は専用の木箱に収められています)

Dsc_0087a

②この32cm主鏡(F4.8)は、元々はカセグレン用の放物面鏡で中心に穴が開いて
 います。厚さは55mmありますので、主鏡の重量も8.5kgもあります。

Dsc_0088a

③元々はカセグレン用に製作されていますが、現在ニュートン用として使用しています。
 鏡筒はUTS(宇*製)ですが、一部改造しています。
 筒先から覗くと、9点支持の主鏡セルと中心に主鏡固定用の支柱と穴が見えます。

Dsc_0090a

④主鏡セル部分を鏡筒から外しました。
 9点支持で主鏡を受けていますが、主鏡の外周セルは以前使用していた33cm鏡
 の物なので、この32cmでは外周は全く当たりません。一応の飾りです。

Dsc_0095a

⑤主鏡を中央の円筒部に挿入し、押さえのスペーサを入れてからナットで固定する
 だけです。固定ナットはもし鏡筒が下を向てしまった時の落下防止のためです。

Dsc_0097a

⑥主鏡セルを取付けましたが、主鏡がセルより小さく厚いため、主鏡周囲は全く押さえ
 ない構造です。よって主鏡にはほとんど歪は生じません。

Dsc_0099a

⑦セルに納めた主鏡を鏡筒に取付け光軸調整を行ないました。主鏡の中心に貫通穴
 が見えます。

Dsc_0105a

⑧主鏡セルの穴の後ろ側にM60のメネジが切ってありますので、2インチの接眼部を
取付けています。副鏡はないのでカセグレンとしては使えませんが、送風ファンを取付けて、筒内気流の早期安定化を図っています。

Dsc_0107a

※再取付後一晩だけ覗くことが出来ましたが、主鏡再メッキのお陰で、コントラストが
 大分上がったように感じられました。(M13での確認)
 惑星はシーイングが良くなく、まだ今ひとつです。
 なお光軸調整がまだ完璧ではないので、梅雨明けを期待しボチボチやって行きます。

« 【特注品】各種鏡筒TOPプレート(補強プレート)製作品 | トップページ | 【T0273】大型100mm幅ワイドアリミゾ(100W)+アリガタ75°  »

⑰天文台☆日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆主鏡が帰って来たぞ!:

« 【特注品】各種鏡筒TOPプレート(補強プレート)製作品 | トップページ | 【T0273】大型100mm幅ワイドアリミゾ(100W)+アリガタ75°  »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー